「ほっ」と。キャンペーン
取星物語 もっ子り(´ー`*)
mokomokori.exblog.jp

  落ちて消えた雪を見ると思うんです。これ私だ‥って   (ID停止経験アリ)          C)Copyright 2004 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved  
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:TERO( 1 )
13日目(TERO実行)
時刻が20時45分を回ったので
21時に間に合うように
私はコーラルに向かうべくトリックスターにINしました。

とうとう念願の、TERO実行の時がやってきました。
高鳴る胸の鼓動を抑えながら、まず忘れてる事はないか考えました。


e0009225_11532934.jpg

          とりあえず、トリックスターに神様がいるのなら助けてくれるでしょう。
          神様、無事に終わらせる事が出来るよう見守っててくださいね。          
          そう思い、お祈りだけは済ませておきました。
          
          そうして、いざコーラルに向かおうとしたらメモがきました。
          友達のもっ子すさんです。






         






          ”コーラル来ない方がいいですよ”



                     え・・・・・・・






e0009225_1156395.jpg

                     
              あれ?!神様!?( ;゚д゚)

e0009225_11585074.jpg
       
             




               ・・・・・・・・・・・・・
              (´゚д゚`)帰ろう・・・・そう思いました。
              このままキャラをデリートすれば
              きっと皆これが夢だったと思うに違いない。


              



               
               
     何て思いましたが、ここまでやってきて消えるというのも
     何か凄い惜しい気持ちになり後悔して、
     もっ子りは所詮口だけの羊だよと、
     もれなく影口叩かれる事うけあいに違いないので
     とりあえず配布用に携帯を25個程買ってから
     結局コーラルビーチに飛びました。
     この日の為にAD携帯買っておいてよかったです。






e0009225_12151642.jpg

              着いた早々また帰りたくなりました。
              
              ケンカは収まってたみたいですが
              携帯の配布をしていて25個で
              足りないんじゃないかなという不安に陥ってきました。
   







e0009225_12194147.jpg

              何とかギリギリ足りました、残り2個・・・・・あ、あぶなっ。。
              配布が終わると、日はすっかり昇っていました。
              輝かしい朝を迎える太陽が
              今は全てを燃やし尽くす死神の使いに見えます。







              惨劇の一日が、今はじまります。






e0009225_12265876.jpg

             とりあえず収集をつける為に
             チャンネルチャットを作り、そこに入ってもらいました。





e0009225_122927100.jpg

             まず準備運動でコーラルを封鎖します。
             これで同士の方の意思の疎通を図り、
             引き返せないという覚悟を決めてもらう為です。
             一度掴んだ同士、離さない!!





             しかしコーラルモンギルは
             ギルド入る人もあまりいないようで、たいして反応もありませんでした。
             この様な状況でモンスタークエスト受けに行く人も
             あまりいないというのも至極当然ですが・・・・。


             そして、準備運動は数分で終わらせて
             アステカに向かいました。




             思えば私が日記を書き始めて、
             そこで思いついたこのアステカ封鎖・・・・





             全てはこのアステカの為に始めたテロでした。




             
             クリックして、移動して・・・・
             アステカに少しづつ向かっている最中、色々な事を考えました。

             これが終わったら、どうすればいいんでしょう?
             私の目的は無くなってしまうんじゃないでしょうか?
             LVあげ・・・?
             スパイシー狩り・・・?
             




             
             疑念を抱いたままアステカに辿り着きました。
e0009225_12432763.jpg

        障害物があれば奥をクリックすれば通れるようなので、
        テントを利用して奥のクリックポイントも塞いでしまいます。
        曲がり角が、いい感じに数箇所あるので利用できます。
        テントには当然鍵を掛けます。



e0009225_1247428.jpg

        成功しました。思わず歓喜の声を上げました。
        中に数人閉じ込められてるようです。
        恐らくテントというより人の壁による力が大きいと思います。
        意せず、同士と化した人々が溢れかえっていました。


e0009225_12562264.jpg

        アステカを後にして次のポイントに向かいました。
        この時点で8割方私の計画は完遂していました。




e0009225_12575917.jpg

             次はメガロポリスの銀行です。



e0009225_1314774.jpg

       ここで告知を出し囲みます。
       穴が数箇所あって通れるのですが、アステカ同様
       人が詰め寄る事により塞がれます。
       一人一人なら通れるのですが、皆我先と通ろうとしているので
       結局人が一番大きな障害物になります。
       とりあえずは、ここも成功と言えるでしょう。







       
e0009225_1355287.jpg

       そうして最後の目的地、学園へと向かいます。
       メガロから徒歩で向かっていたので、知らない人から見たら
       大層怪しく目に映ったと思います。




e0009225_138414.jpg

       着いたらすでに先発隊が封鎖していました。
       ここが一番顕著に効果が現れていました。
       通ろうとしている人、反対派だと自分を主張する人、
       それらが折り重なり大きな壁になっていました。
       火災等の際、一番危ないのは大勢で出口に向かう事です。
       結局通れなくなります。心掛けて下さい。





e0009225_13141346.jpg

       その後皆で銀行に一斉に集まり
       色々な暴言を受けました。当然ですが・・・



       
      そして数分した後、合図と同時に一斉にゴールドサーバーに移動。

      ダムが今、壊れます。









     一通りこれで終了です。お疲れ様でした。


e0009225_13251417.jpg

             金で雑談をして、その後
e0009225_13173690.jpg

       記念撮影です。もうこの全員が揃う時は二度とない気がします。





今回で私は多分IDが消される事になると思います。
もしそうなれば私は本当に引退します。
色々悩んだ末の結論です。

今回、参加して頂いた方へのお詫びがあります。
LVが5無くてワープ出来なくついてこれなかった方、申し訳ありませんでした。
完全、私の盲点でした。

1:1くれた方や話しかけてくれた方、反応無くて申し訳ありませんでした。
チャンネルチャットに精一杯でした(--;)←言い訳・・・・・





色々好き勝手やってばかりの私で申し訳ありませんでした。
アイテム下さった方たち、活用出来ず申し訳ありませんでした。


もっ子りという一匹の羊の物語はこれで終了です。
最後に応援してくださった方々、手伝ってくださった方々、
急に消えてもうしわけありません。
でも一言だけ言わせてください。
e0009225_13332236.jpg

       私のTSは楽しいの連続でした
       ありがとう(´ー`*)

[PR]
by mokomokori | 2005-07-10 13:52 | TERO