「ほっ」と。キャンペーン
取星物語 もっ子り(´ー`*)
mokomokori.exblog.jp

  落ちて消えた雪を見ると思うんです。これ私だ‥って   (ID停止経験アリ)          C)Copyright 2004 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved  
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
17日目
ふと、こんなムービーを見てしまった為に

     →こんなムービー

私は小人の乗り物、機甲に乗りたくなってしまいました。
e0009225_1921348.jpg

     この機甲、物凄く強いらしく、勢力バランスが崩れ
     その為に妖精国とロボット国が同盟を組んで
     小人を攻めに来る程だとか・・・。

   

   つまり、小人VSロボット妖精の図式に。


  私達小人には一大事ですよ・・・・


しかし、ふと思ったのは
前回の日記のムービーを見る限りだと
ロボットの方が妖精を追っかけていて、
それを小人が助けているように見えるのですが・・・




なら妖精は小人と手を組んでいるはずじゃあ・・・
なのに、敵であり、自分を追っかけてきたロボットと手を組んで
助けてくれた小人を襲っているのは何故・・・?!



つまり、妖精は勝つ為ならば
誰とでも手を組む連中だということでしょうか・・・?




我々小人が妖精を助けた恩はもはや過去の話。
彼らがその恩を忘れて、我ら小人に仇なすというのならこちらにも考えがあります。


e0009225_19484882.jpg

 ロボット達と手を組んで、妖精を倒そう。




妖精とロボットが同盟を組んでいるというのなら
その同盟をぶち壊してしまえばいいんです。


結局のところロボット達は
いかに妖精達が人の恩を忘れたり、裏切ったりするかというのを知らないだけです。

その真実を伝えさえすれば
自然に彼らの同盟も消えていくというもの。

何か、真の悪人は私のような気もしないでもないですが
考えない事にしますね。





         ・・・というわけでPVPエリアに再び向かい、










e0009225_19571528.jpg

    ロボット軍団に、真実を伝えに向かおうとしたのですが、
             (相変わらず人多いです)







e0009225_200197.jpg

   途中の道を、我ら小人と妖精達が戦闘していまして
   通り抜けが出来ません!!










e0009225_2073385.jpg







e0009225_2074180.jpg










敵意が無いという事を叫びつつ戦地を通り抜けようと
したのですが、










e0009225_20105786.jpg

    ダークエルフ達には戦闘兵だろうと一般市民だろうと
    お構いなしのようです。









こんな連中にロボットの人達は騙されているんだ・・
いつかきっとロボットの人々もエルフに背中から討たれるに違いない。






       ロボット国の平和の為にも私はめげずに頑張りました。
       何度死んでも、PVPエリアに特攻し続け、



       

                     ・・・・やっとの事で






e0009225_20173476.jpg

                  ロボットの人に遭遇!







e0009225_20213185.jpg

               さっそく説得を開始。















e0009225_1282637.jpg


e0009225_20214584.jpg

                 滅びよ、ロボット達






(C)1999-2005 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published by SEGA
※尚、他種族では言葉は通じません
[PR]
by mokomokori | 2005-09-15 20:26 | 9月のもっ子り